22年2月



日付


旧暦

(当日竿頭)
釣 り 人


釣 り 物

サ イ ズ
(単位 cm)


釣 果

仕 掛


水 温

ポ イ ン ト 釣 行 状 況 等

28日

15日
大潮

板野郡
西條 氏

マハタ
ガシラ
ナゴヤフグ

25〜33
17〜23
20〜23

2
9
6

胴突5本針
ウタセエビ
シラサエビ

10.7

沼島沖

最近、マハタの放流の成果が出て来ているようです。
これでサイズが大きくなれば言う事無です。ガシラもそ
うですがナゴヤフグ(ショウサイフグ)もまずまずのサイ
ズの物が釣れ出してきました。少し、底の水温も落ち
着いてきているような、海に少しの変化を感じるように
なって来たようです。明日からは3月です。これからの
水温が徐々に上がるのにつれて石鯛の食いが楽しみ
です。

26日

13日
中潮

昨日の午後ぐらいから再び南の風が強くなってきました。春などの天
気も判断に困る時があります。雨が降り風の中、数年ぶりにお越し頂
きましたお客様で釣りに出たいと言う気持ちと、こちらにしても出船し
てやりたい気持ちで朝30分ずらしで出船する事としました。思うポイン
トへも行けず寒い中、頑張ってくれましたがガシラを釣って頂いただけ
と淋しい釣果でした。次回は良い天候で沢山、釣り上げてくださいね。

25日

12日
中潮

今日は春一番のようです。これで少しは海自体の状況が少しでも変
わってくれればいいのですが、明日は少人数ですが出船予定です。
明日の釣りに期待をします。

20日

7日
小潮

京都市
松本 氏

サンバソウ
マダイ
ウマヅラ
ナゴヤフグ

24
24〜33
31
23〜27

1
3
1
数匹

胴突5本針
シラサエビ

10.5

沼島沖

今日のお客様が乗船時にHPを見ていても中々厳しい
ようですね、と。実際のところ今年ほど良くない年も知ら
ない位、良くないです。実際に本職の漁師も魚の食いが
悪く早帰りをするときも有りますが他の網の職種には沢
山の魚が入っています。だから魚は居るんですが口を
使わない、人も同じで魚もその環境に慣れてくれば口を
使います。使わないと腹が減りますし・・・その様に今の
状況をわかって来て下さるお客様に感謝です。何とか釣
ってもらいたかったけど残念な結果となりましたが、悪い
時も有るし、又来るぞと言って頂けたのが何よりです。

ハス釣りで出船しますがウマヅラも釣れかけています。
ウマヅラ釣りをされても結構ですしショウサイフグも良い
サイズの物が釣れています。ウマヅラやショウサイフグ
を釣りたい方は何時でも狙ってもらって良いです。

14日

1日
大潮

今日は天候も落ち着いておりどの様な釣果となるか期待しながら出船
水温も10.7度とかなりの下がり方でした。魚探を見れば色んな魚の反
応が凄く映し出されていますが冷たい成果、漁師の船でも余りマダイ
が釣れている様に見えませんでした。当船もサンバソウが2枚とウマヅ
ラにガシラが少し釣れていました。水質も澄み切っています。濁りすぎ
も当然ながら良くないのですが澄み切りすぎても良くないです。黒潮が
入ってきた時の海とは又違った色です。しかしながらもこの様な海の変
化も数日か数時間で変わるときもあるのでわかりませんが、只、今の
海の状況の変化の期待をするばかりです。

11日

28日
中潮

本日は少人数での出船でした。釣果も厳しくサンバソウが1枚に他は
ガシラの小さい形のから良型サイズと言う感じでした。

7日

24日
小潮

何時も書いています様に自然を相手の仕事に、人様との関わりの仕
事です。
昨日の様な天候は別として今日の様な天候に自宅で確定申告書の
準備中、これも大切な事ながら、こんな事ではもやもやとしてきます。
雇用されていればリストラと同じ様な・・・色々と考えさせられる昨今
で有ります。

2日

19日
中潮

今現在のハスの食いは厳しいです。だけど過去の例で言えば、あく
までも過去の例ですが次に食う時には凄く元気な食い方をして来て
います。個々しばらくは週末も含めて広すぎるほど広いです。ご自身
が自分が行って釣り上げてやろうと思われている方、是非とも釣り上
げてもらいたいです。

1日

18日
中潮

今日から早くも2月ですね。今年の1月は昨年の12月に続き、中々
厳しい釣果でしたがこの2月にはしっかりと楽しんでもらえるハスの
食いになってもらいたいものです。昨日もビッグフィッシングの今井氏
と電話で話した様にハスの食いが安定し、一日も早く日程の調整が
出来る様になって多くの方々に楽しんでもらいたいです。

 スパイクシューズでのご乗船は、お断りしています。 
タバコの(火)吸いがらの後始末 ! ! マナー良く気持ちの良い釣行を・・・



2月20日の釣果写真

右舷のお二人は京都の方から、そして右端の写真の方は「釣りぶネット」当初
の立ち上げ時に中心となられていた方です。現在は「釣りぶネットblog」で大物
を釣り上げている写真が載っています。

2月28日の釣果写真